2020年01月01日

売却&買付ワンタップバイ保有全銘柄

ダウの犬計画のため、売却&買付
02カラー・縦揃え・透過背景.png
以下売却
●Alphabet
●Amazon
●Apple
●Boeing
●Intel
●Microsoft
●McDonald
●P&G
●VISA
●WaltDisney
●Xerox

合計12.5万弱、1.7万程利益でました。

以下買付
よゐこの生配信を見ながら
●Caterpillar
 買い増し 9000円 合計18000円
●Chevron
 新規買付 18000円
●Cisco Systems
 買い増し 9000円 合計18000円
●Coca-Cola
 買い増し 9000円 合計18000円
●Dow
 新規買付 18000円
●ExxonMobil
 買い増し 9000円 合計18000円
●IBM
 買い増し 9000円 合計18000円
●3M
 新規買付 18000円
●Pfizer
 買い増し 9000円 合計18000円
●Verizon
 新規買付 18000円

1c.png
これが

1b.png
こうなって

1a.png
これになりました。

スッキリといえばスッキリした感じです。でも往復の手数料でマイナス。

今後はこれで買い増ししていきます。

posted by 正覚東司 at 01:57| 自分ルール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年1月時点の投資ルール

できるだけバイアンドホールドしたいので、キャピタルゲインよりはインカムゲインを狙ってルールを決めてます。

●楽天証券
 ▼楽天ポイント投資とSPU用の現金数百円のみをS&P500投資信託に突っ込む。
  時価(プラスであること)がSPDR S&P500 ETF(1557)買付金額超えれば売却&NISA口座で1557購入
●NISA口座
 ▼iシェアーズ・コア Jリート ETF(1476)とiシェアーズ 米国リート ETF(1659)を毎週月曜日に1口買付
  →苦しくなればまずストップ
 ▼iシェアーズ S&P 500 米国株 ETF(1655)を基本毎週月曜日1口買付
  →1557買付できる資金があればその週は1557を買付
 優先順位:1557>1655>1476,1659

●ワンタップバイ
 ※2019年12月にダウの犬投資法に路線変更 基本変わらず
 ▼各銘柄、配当権利確定日直前に1000円買付
 ▼ワンタップバイの配当金
  売買残高や配当金が口座現金がワンタップバイ最低金額の1000円超えた時点で
  1000円分DIREXION S&P500 3X買付。
 ▼ダウの犬投資法に則り年末に銘柄変更ある場合は売却、買付行う。

●Pontaポイント運用
 最低の20ポイント貯まり次第ダウ・ジョーンズ工業株30種平均に全部突っ込む
 →変更無し

ラベル:自分ルール
posted by 正覚東司 at 00:00| 自分ルール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月23日

貧乏人の投資方法

私の投資環境として
 ▼ドカッと稼げる仕事ではない
 ▼分散されて給料が入金される
で、
 ▼(なるべく)負けないで
 ▼チビチビと
 ▼少しでも得に
 ▼でも大きな値動き見て「俺トレーダー」的な気分も味わいたい&配当金も欲しい

と、良くない頭なりに探して(現状)行き着いたのが
 ▼楽天証券の投資信託(手動)積立行いつつ
  (100円投信×10商品×営業日)
 ▼ある程度金額が貯まればNISA1557リレー投資
  (楽天証券NISAは1557分配金に国内税金がかかる)
 ▼1000円から米国株投資できるワンタップバイでトレーダー気分
  (少額で海外株を累投的に買えるのが(日本は)ここしかない)
  さらに余裕あれば配当金狙いで増額投資
です。

■何故楽天証券の投資信託にしたのか
 ●100円から投資信託を購入できる
  楽天証券では結構な数の投資信託が100円から購入することができ
  実入りの無い者からしたら有り難いシステムだと思います。

 ●楽天ポイントがつく
  楽天証券は毎営業日、約定金額関わらず株や投資信託を購入する毎に楽天ポイントが3ポイントつきます(上限ありますが)
  (例えば10万円分の株約定しても3ポイント、投信を100円分購入しても3ポイント)

 ●楽天ポイントを投資信託購入に使うことができる
  上記で付与されたポイントや楽天ツールバー等で得られた楽天ポイントを利用して投資信託を購入することができます
  (期間限定ポイント一部は使えない)

 上記な事があり
 ▼S&P500やダウ連動投信を10商品、100円ずつ購入すれば購入時に3パーセントの利息付くんじゃね?
  (開始後は100円分だけひふみプラス購入中)
 ▼1557も上記とほぼ同じ動きだろうから大きく乖離すること無いんじゃね?
 ▼短期売却→1557になるだろうから(購入する商品の)信託報酬が高くても余り損はないんじゃね?
 ▼ドルコスト平均法で精神衛生上よい(私は)
 ▼近所のサンクス無くなって、使いどころが無くなったポイントが将来何倍にもなって還ってくるかもしれなくね?
 ▼そもそもいきなり1557買える金用意できないし
 な考えで楽天証券にしました。

■ワンタップバイにしたのは
 ずばり「貧乏人が少額投資できる累投サービスがここしか無かった」

□てな感じで(自分の中で)上手くいってるのか
 約半年運用してます

 ○100円から投資信託を購入できる
  楽天証券は毎営業日自動積立設定ができない為、毎晩証券口座へアクセスしての購入です。
  チビチビ増えたり大いに目減りしたりするグラフ見てニヤニヤできるので特に苦とは思ってません。
  面倒くさい人やお金の乱高下にハラハラする人には向いてないかも。

 ○楽天ポイントがつく
 ○楽天ポイントを投資信託購入に使うことができる
  楽天証券利用で毎月約550ポイント付与
  他の楽天サービス等でのポイントで数十ポイント程度
  合計600ポイントくらい再投資に回せてます。

 ○リレー投資のタイミングがまだ掴めない
  ・半年の間に2度ほど大きく目減りする事があった
  ・+10パーセントで売却かな?漠然と思ってたのですが、上記な事もあり目標にまだ届かず

 ○ドルコスト平均法で精神衛生上よい(私は)
  これが一番ですね。
  あと「宝くじをかったつもり」の余剰金を回してるので、目減りしても「(ノ∀`)アチャー」と思えるのが大きいかと思います。

 ○ワンタップバイでもらう配当金がうれしい
  毎月数円単位で入金される配当金を見てニヤニヤできてるので問題なし

□これから
 ●100円投信の購入商品見直し
  信託報酬低い商品が出てきたそうなので見比べて乗り換えするかしないか
ラベル:One Tap BUY
posted by 正覚東司 at 17:17| 自分ルール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする